忍者ブログ
バスケとランニングと家族の話
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/6・7 群馬県で行われた「第2回神流マウンテンラン&ウォーク」に参加してきました。

昨年の第1回も出場し、初めて40kロングトレイルを完走できた思い出の大会♪
また、昨年はレースが狩猟解禁日にぶつかるというハプニングもあり、記憶に残る大会です。

昨年の日記はこちら↓
http://jrminibasket.blog.shinobi.jp/Entry/162/


今年から新設された「スーパーロングペア50km」に友人と参加。2人ひと組で50kmを走りました。

結果
スーパーロングペア50km 56組参加 完走34組中33位!!
タイム 9時間42分52秒 (制限時間10時間)

そう!制限時間いっぱいに使って、しかもブービー賞!!w

でも前大会まで2レース連続で途中棄権の悔しい結果だったので、この完走は何よりもうれしい(゚∀゚)ノシ
ヒザの痛みもスタート直後から出てはいたんですが、今年最後。「ここで頑張らなければ、いつ頑張る!?」と心の中で呟きながら、ペアの友人にも励まされながら・・・・。超スローペースでなんとか持ちこたえてくれました。

それにしても、快晴の中、紅葉の山々を眺めながら、極上のトレイルランニングができた満足感は、今年を締めくくるのには出来過ぎの1日でした!町じゅうあげての応援、歓迎会もあったかかったぁ~♪

これですっきり今シーズン終えられそうです(´∀`)
PR
10/10 日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)13:00スタート

結果 第一関門19:00通過(6時間)(22km地点)・・・ リタイヤ

ヒザの痛みが序盤から早々に出て、おまけに途中から大雨。
ぬかるみで滑る斜面、痛みが消えず最後は足を着くことも辛く・・。

今後は治療に専念して、来年リベンジします。必ず!

9月18日~9月20日に行われた「信越五岳トレイルレース110km」に参加しました。

結果は第二関門66km地点リタイヤ。

理由は右ひざ外側の痛みです。

スタート~40km地点までは順調なすべりだし。タイムも予想より1時間くらい速く、好調。
40km以降暑さと足の違和感で思うように走れず。緩やかな登りさえ歩いてしまう・・・。
第二関門では夜間を一緒に走ってくれる仲間が(=ペーサー)待機していてくれるので、何が何でも、そこまではたどり着きたい一心で歩く。ヒザの痛みは深刻になり、平坦、下りでも痛みが走る。

そして66kmのエイド、第二関門通過と同時にリタイヤを申告。
体と心はまだまだ行けそうでしたが、走れないランナーでは特に夜はこれ以上のケガは重大な迷惑と判断し、リタイヤを決意しました。

結局ペーサーとして準備してくれていた仲間は、このレース走ることができず大変申し訳ない思いでしたが、そんなことは一切言わずに、私の足の事を気遣っていただきました。すみません。

悔しい結果に終わってしましましたが、この経験を10月のハセツネCUP、また来年のこの信越五岳でリベンジ出来るよう、脚を治して出直しです!

みなさん応援ありがとうございました!!

昨日行われた息子の県大会の結果

一回戦 69-46◎ (゚∀゚)ノ

二回戦 52-29×  (TдT)

冬と同じベスト8どまり・・。

これで息子の中学校でのバスケは終わり。

昨日は仕事を休んで会場で観てました。
息子は腰を痛めていて、開会式が終わると同時に一旦整骨院に行ってテーピングをしてもらい、再び会場へ。
車中で話す息子、気合が入っているのが分かります。
親としては「自分の力を出し切る」ことだけを願って観ていました。

一回戦、最初は固かったようですが、全体的にみんなリラックスしてやりたいことが出来ています。
シュートも確立よく決まっていい感じw
相手も素晴らしいチーム。第3Qまではほとんど互角。
終盤こちらが3ポイントシュートを連続で決め勝利。 
試合内容も充実して、「強くなったなぁ・・・」と感動。

二回戦は、冬の準優勝校 強いです。でも今ならやってくれそう・・・。
試合開始直後、こちらの高さが威力を発揮しいきなりの連続ポイント!
しかし徐々に追いつかれ、すばやく対応されてしまい、終わってみれば大差の負け・・・。

試合中「全力を出し切れ!」と念じながら見ていました。みんな必死でした。あきらめず最後までボールを追いかけていました。
思えば、中学校に入った時には男子バスケットボール部は上級生2名だけの試合すら出来ない状態でした。その2名も抜け、1年坊主が体格の大きな3年生相手に試合して、なかなか勝てずに悔しくて泣いていました。
それから2年、体も成長し、生意気だけどバスケに対してはツネに真剣に取り組んだ結果、県のベスト8まで来ることが出来ました。目標は全国でしたが、やはり選手層の薄さは厳しかったようです。
でも、だからこそ団結し、信頼し、ここまで来れたのかもしれません。
他のチームの保護者の方からいつも、「おたくはチームワークが良くてうらやましい」と言われていました。
「それだけが取りえですから・・・」と笑っていましたが、多感な思春期の子供たちはちょっとしたことで心を閉じてしまいます。強いのに選手がバラバラ・・・そんなチームも多いようです。
その中で、逆にチームのまとまりだけで勝っていたような状況にみえました。

息子は、キャプテンでした。生徒会長で、試合前にも関わらず練習に顔を出せない日々もあったようで、悩んでいました。でも全て終わった今、信頼できる仲間のおかげで素晴らしいチームが出来上がったのです。

息子が入った時の顧問の先生がわざわざ試合を観に来てくれていました。入学前に男子バスケは部員がいなく存続自体危機的状況だったのを、息子たちが入るからなくさないでくれ・・・と頼み込んだ経緯があったので、先生に息子たちがガンバっている姿を見せることが出来て、本当に良かったと思います。

そんなハラハラドキドキと感謝の中学生活もあと半年。
次のステップではどんな素敵なことが待っているのか・・。
息子たちの未来が明るいものであるように願ってやみません。
ちょっと遅くなりました。

息子の中越地区大会が7/6~7で行われました。

第一シードの為初日の2試合に勝てば、県大会の出場権を得ます。

結果
一日目  vs刈谷田中  ◎ 
       vs十日町中  ◎

*この結果 県大会の出場は確定 しかし、第一シード校としては優勝して県大会でも有利なトーナメントに入りたいところ。

二日目  準決勝vs小千谷中 ◎
       決勝 vs宮内中   × (TдT)

2位で県大会出場

決勝戦は手も足も出なかったらしい・・・市内大会は逆転で勝ったのに・・・なにがあったのか?

県大会は7/26~27 とりあえずまだ、このチームでバスケできるんだから思いっきり楽しんでもらいたいものです。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[09/09 emij]
[09/05 あおば]
[07/09 emij]
[07/09 こたつむり]
[07/04 emij]
フリーエリア

タグはここ
バーコード
カウンター
Copyright ©  走ったぶんだけ、おとなになれた。  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]